新しいヘッドライト形状のBMW3シリーズツーリングプロト映像!改良型LCIとは

新しくフェイスリフトされ内装も一新される可能性が高いBMW3シリーズのツーリングのプロトタイプのスクープ映像が公開されています。

この写真を見るとライト形状もデイタイムランニングライトのグラフィックデザインが新しくなっている様子。先に記事で取り上げたセダンのものよりも目の周辺の露出度が増しているので、判断がしやすくなっています。

外観からもこれが新たに変更追加が加えられたLCIであることがわかります。




BMW LCIとは

BMWでいう(他メーカーは知らないけど)、LCIとは英語で「Life Cycle Impulse」の略で、日本語に直訳すると
=”生命サイクルの衝撃”ww

意味わかんないですよねw早い話が、マイナーチェンジのことです。

対峙するのは3シリーズでいうと2019年にデビューした現行型のGモデルになったのを「フルモデルチェンジ」

フルモデルチェンジから約3~4年が経過すると行われるのがBMWでいうLCI=マイナーチェンジと言うわけです。

新グラフィックのデイタイムランニングライト形状

BMW3シリーズ改良型プロト
今回のLCIのツーリングプロトタイプでは先にスクープ映像が出ていたセダンのプロトよりもライト周りが露出され形状の違いが予想できるようになっていました。

よく観察してみると現行型G世代モデルに多く取り入れられている下から上へ伸びるDRL(デイタイムランニングライト)のL字から、上から下へ伸びてるC型!?へ変更されているように見えます。

下の写真はBMWの電気自動車のコンセプトカーiヴィジョン
ここまで鋭利な細いものにはならないでしょうが、こんな感じだとカッコイイすね!
BMW-i-Vision

F世代の時はマイナーチェンジでライトの”目ヤニ”と比喩された部分が取れ、DRLがコの字型から逆向きPになったほどでも乗ってた自分(初期型)はイヤだったのに、この変わりようだと違いがハッキリされて現行新型になった3シリーズをすでに購入してる人は残念な気持ちになるのかなぁ…。

インテリアはBMWカーブドディスプレイ

内装もiXに採用されているメーターパネルとidrive画面が一枚のディスプレイになった「BMWカーブドディスプレイ」が採用されるのは濃厚で、

センターコンソールのデザイン周りのデザインも一新されることでしょうから、外観よりもインテリアの方が大きく変わると思います。

全パワートレインに48Vマイルドハイブリッド追加

エンジンについてはマイナーチェンジではガソリンエンジン及びディーゼルでもベースはそのまま持ち越しとなるものの、全エンジンに48Vマイルドハイブリッドが組み合わせられたものがラインナップに組み込まれるとされています。もうすべてが電気自動車へ傾倒していくのでしょう。

どちらにしてもデビューは先にセダンが発表されて、その後にツーリングの登場なので2022年内は確実視されていますが、ツーリングのLCIデビューは2022年後半だと思います。

今、低金利キャンペーンで購入を考えている人は、ちょっと待ってみてもいいかもしれませんよね。

ただ低金利はまたとないチャンスなのでこれもね見逃せないので悩むところですねw