BMW現行3シリーズのマイナーチェンジに加わるM340iのテストカーがスクープされる

BMWのセダンの中で一番売れている、まさにフラッグシップと言っても過言ではない3シリーズも現行モデルとなってからはや3年が経過する今年2022年中に発売が噂されているLCI(マイナーチェンジ)の実質頂点になるであろう新型のM340iのプロトタイプと目される車両がスクープされました。




一段と目力が増したフロント周り


人気の3シリーズだけあって、2019年に発表されて以降、初めての大幅改良となる今回のマイナーチェンジの注目度はかなり高いと思われ、私自身も乗り換えまで注視しています。

写真に捉えらているのはピュアMスポーツでなく、ひとつうえに位置づけされるM340iであることは外観からも確認できます。

M専用のブラックキドニーグリルやドアミラー、エアインテークに、スプリットタイプのリップスポイラーが装備されており、リアトランク上にはMパフォーマンスの巨大なウイングが装備されています。

ま~市販型はこのウイングはないと思いますが、マイナーチェンジの新型とわかるのは現行G22よりも若干スリムになったヘッドライト形状です。すこし目力が強くなった印象を受けます。

リアテールに目を向けるとテールランプの形状にも変更が加わっているようで、左右に張り出す大型のエキゾーストパイプにもアップデートがくわえられているようです。

もちろん内装は、デジタルインストルメントクラスターとiDrive画面が一体化された14.9インチのタッチスクリーンのBMWカーブドディスプレイが搭載されるので、外観よりも内装の方が変化が大きいかもですね。

3シリーズ初のM3ツーリングの発表も年内!?と言われており。今年は人気の3シリーズからまだまだ目が離せない状況が続きそうです!







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。