BMW 現行Mモデルの最速M4CSL日本国内で25台の限定オンライン受注開始

今月2日からBMWジャパンはBMW M4CSLの日本国内向けにオンラインストア限定で受注を開始。9月26日の23:59分までの間まで行われます。

ヨーロッパやアメリカを中心に全世界で1000台の限定生産モデルとして発表がされていましたが、
日本国内では25台限定となっています。

台数よりも注文が上回った場合には、後日抽選による10月初旬に当選者を決定するとしていますが…いかに




CSLについておさらい

BMWM4CSL
画像:

何度もこちらの中でCSLの記事を幾度となく書いているので、依然から愛読されているユーザー様には説明不要かもしれませんが、はじめての方もいらっしゃると思うのでCSLとはいったいなんぞや?

ここから軽く解説していこうと思います。

CSLとは の頭文字の「C」はCompetition=コンペティション。
いわゆる競技用とか、他のモデルとの優劣をつけられたものとの解釈が正しいと思う。

続いてS=Sport、スポーツ。L=Lightweight軽量化されたモデルという意味の頭文字が配されています。

パワートレインはM4同様の3.0リットル6気筒エンジンベースですが、ブーストアップが施され最高出力は550ps

シャシーのボールジョイントを従来より4か所増やし14か所にし路面追従性、キャンバー強度、ダンパーのレスポンスのレベルアップが図られており、

もちろんサスペンションは専用設計で、サーキット走行に重点を置いたドライビング性能が備わっています。

見た目の外観はM4の流れを受け継ぐものの、大型キドニーグリル内の装飾は横ラインではなくY字型にデザインされ、

ライトのデイタイムランニングライトはレース車両のM4GT4と同じくイエローの配色がされています。

テールランプにはBMW初となるレーザーライトを駆使した幾何学的なグラフィックのデザインになっています。

インテリアもレーシングマシンを彷彿させるカーボンファイバーやCFRPを多用した専用設計がなされています。

価格は2196万円!

日本国内のM4CSLの販売価格は2196万円となっています。

ぜひ我こそは買いたいと思う人は急いで!







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。