アルピナの新型B4グランクーペがヨーロッパ先行発表

昨日、BMWを高性能なラグジュアリーにチューンナップすることで知られるアルピナから

新型の4シリーズグランクーペをベースにモディファイされた新型B4グランクーペをヨーロッパで発表しました。




前日には公式ツイッターで足元だけ投稿


発表日前日には、アルピナオートモービルズの公式ツイッターの投稿で、アルピナ独特の高級感漂う細いスポークとアルピナブルーの、すぐに4シリーズの目元だとわかるデイタイムランニングライトが点灯されたフロント部分だけの写真が公開されていました。

Just one more day…. Born and made in Buchloe!

「あと1日…ブーフローで生まれ、作られました!」

明日発表がされることを匂いわせながら、ドイツのバイエルン州にあるブーフローの工房でつくられたことを発表が行われる前に公表していました。

新型アルピナB4グランクーペの中身

新型アルピナB4グランクーペ
最大出力495ps(364kw)の3.0リットル直列6気筒ガソリンツインターボエンジンを搭載し、

もうこのクラスでは装着が当たり前になってきている感じがあ4輪駆動のXdriveとの組み合わせにより、0~100km/h加速3.7秒、最高速301km/hのスペックに施されています。

新型アルピナB4グランクーペ

気になる価格ですが、アルピナジャパンの公式ホームページより、コンフィギュレーターから確認すると

売価設定は13,750,000円☆彡
となっています。

一般人がおいそれと出せる金額ではありませんが、このアルピナBMWにしか出せない独特の品のあるエレガントな高級感は何時観ても憧れます。