G22用の3Ddesignエアロに新しく追加されたリアディフューザーと白の420iが素敵

BMWオーナーから絶大な人気を誇る3Ddesignの新型4シリーズクーペ用のめちゃくちゃカッコイイ☆彡リアディフューザーのご紹介です…

というよりかなり自分の好みが入ってますw

これまでのドライバイトグレーのStudieAGさんのデモカーのG22から一変して白いボディカラー(こちらもStudieAGかも…!?)の写真が3Ddesignの公式サイトで公開されていますが、これまた惚れぼれするほどの粋なルックスしてる男前です!




左右2本だし可能なカーボン製リアディフューザー

BMWG223Dデザインリアディフューザー
見てくださいこのキレイにまとまった感じ!さすが3Ddesign

新型4シリーズクーペG22が出た当初からドデカイ前面のキドニーグリルに批判的な声があったものの8シリーズを彷彿させるリアテールランプの形状と相まって「後ろ姿はカッコイイ」と言う人が多かったのですが、

この左右2本ずつ、4本だしマフラーとカーボンディフューザーはこれエアロ組むときには必須のアイテムとなりそうですよね!

G22およびG23のMスポーツとM440iに装着可能

BMWG223Dデザインリアディフューザー
このキットは420iMスポーツと、M440iに装着が可能。

純カーボンファイバー製なので塗装を必要とせず、純正パネルと交換するだけの簡単装着。
純正のパネルの元々あったボルト穴を利用してのボルトのみで取り付けが可能な仕様になっているので工期はそれほどかかからないと予想されます。

装着時の注意点

このリアディフューザーに交換した場合、リアバンパー下部に脚を入れてキック動作することでトランクを開ける機能の「リアゲート・スマート・オープナー」が機能しなくなることもあるそうです。

この見た目を手に入れられるのであればそんな機能が使えなくなったとしても、自分でしたらへっちゃら何も問題なし!です、はい!

白のフルキットカスタムが素敵!

BMWG223Dデザインエアロ
自分が新型4シリーズクーペ420!Mスポーツを買ったときドラバイトグレーでしたが、この白もいいですね。あるピンホワイトか、ミネラルホワイトかは画像からだけでは判断ができませんが白は人気のカラーだけあってやっぱりカッコイイですね。

今更ながら白もよかったな~なんて思っている今日この頃です。

BMW G22 3D Design カーボンリアディフューザー