BMW新型M3、M4をACシュニッツァーがモディファイ!ため息が漏れる美しすぎる怪物

BMWをしり尽くしたACシュニッツァーが手掛けたM3(G80)、M4(G82)の画像が公開されました。
悪そうな!?(つうか速そうな)見た目の美しさと機能性を両立させたところはさすがACシュニッツァー

かなりヤバそうな雰囲気が漂っているACシュニッツァー仕様のM3(G80)、M4(G82)をご覧ください。




とにかくヤバいフロント周り

M4(G82)
BMW M4 G82 ACシュニッツァー

M3(G80)
BMW M3 G80 ACシュニッツァー

先に登場したG20、G22用の後付けカスタム用のフロントスプリッターはもちろんこのM4、M3にも装着されていますが一番目を引くのはカナード
BMW M4 G82  ACシュニッツァー カナード

BMWの純正Mパフォーマンスのそれよりも3倍近く大きくなり、猫ひげ…いやほっぺにタトゥーでも入っているようにも見えるこの外観が一段と威圧感を引き立てているようです。

またM4はブルックリングレー、M3がオキサイドグレーのボディカラーが選択されており流行のグレーカラーをデモカーに選択してきたところもさすがです!

後ろから拝む側も離れて走りそうなリアビュー

M4(G82)
BMW M4 G82 ACシュニッツァー
M3(G80)
BMW M3 G80 ACシュニッツァー
後ろから見たリアビューもヤバ過ぎでしょう!これは!もうヤバいしか声が出てきません!

めっちゃスピード出して駆け抜けた先にこんな車が前走っていたら、急にスピード落としてめっちゃ車間距離取りながらゆっくりついてくなwww

斜め後ろから見たら、やはり20インチの大口径で扁平の野太いアルミもタイヤも迫力満点!

アルミはもちろんACシュニッツァー製の軽量鍛造ホイール。シルバーとアンスラサイト仕上げの2種。

パワートレイン

M3セダン(G80)の場合でいうと3.0リットル直列6気筒ガソリンツインターボエンジンにACシュニッツァーが手ほどきした
エンジンコンピューターを中心にチューニングを施した「パフォーマンスアップグレードキット」が追加装備されて
最大出力は510hpから590hpへパワーアップされています!

このキットにはカーボン製テールパイプを備えたACシュニッツァーツインスポーツエキゾーストが含まれています。

このあたりがパワーとある走りと、リアビューのイカついルックスを引き出しているのでしょう。

”美しすぎる怪物”に目が離せません!