BMW初のM3ツーリングがMotoGP予選最速ライダーの賞品として贈られることに

最近のBMWの新型車両の中で話題が事欠かないBMW初のM3ツーリングが、セーフティカーとして提供されているMotoGPの今年の2022年シーズン年間予選最速となったライダーに賞品として贈られると発表されました。

4シリーズで批判を浴びた巨大グリルのレーシーになったMバージョンのフロントフェイスももうここまで来るとカッコイイしか言葉が出ない。

ライダーでも何でもないが自分も貰えるなら欲しい!




M3ツーリングのスペック

BMWM3touring
画像:BMW

先に発売されているM3セダンと同様に3.0リットル直列6気筒Mツインパワーターボをパワートレインに、

8速MステップトロニックとM xDriveによって最大出力510hpを4輪に伝達する。

デフォルトとなる「4WDスポーツモード」では、後輪駆動を主軸としてトラクションと精密にコントロール可能なハンドリング特性が得られる設定になっており、ドライバーのその時の走らせ方に応じてセットアップメニューから駆動力配分を変更も可能になっています。

BMW Mの伝統である「駆けぬける歓び」を体現できるようになっています。

最高速はミッター作動するため250km/hになっていますが、グレードの高いMドライバーズパッケージを選択すれば最高速が280km/hまで引き出すことができるようになる。

所有欲だけで手にした日本の一般道だけで走る車には、ここまでのスペックがいるのかどうか「?」な部分も感じる自分はやっぱり一般人の枠を超えられない器の人間なんだろう(泣)

これを手にする人はぜひ、コースの中で走って走りを体感してほしいと思います。BMWの走りが好きな人には楽しめる一台になることは間違いなさそう。

高速道路で制限速度超過して飛ばすのは周りに迷惑も掛かるのでやめてもらいたい…。
事故って周りも巻きこんでしまったら元も子もないから、そこはこのM3ツーリングを変えるお金持ちの方に注意してほしい。

話がそれだけど、

冒頭でも言ったが、もうこの最近のMのフェイスにも慣れてきたしカッコイイ☆彡

自分にとっては夢の車であるけど・・・。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。