BMW新型4シリーズクーペ(G22)購入インプレ~第一弾エクステリア編

みなさん、遂に買っちゃいました!F31からの念願の4シリーズクーペへ乗り換えました!

10月中旬ごろに前車のF31を売却後、次も同3シリーズツーリングのG21かなっと思っていろいろ見積りをもらいながら乗り換える車を探している最中に、4シリーズ発売が発表され

「ちょっと待った!」。

「やっぱこっちにするw」

ってことで。10月末に契約して約2ケ月待ちました。

ディーラーやメディアではなく実際に購入にいたった一般人のBMW新型4シリーズクーペ(G22)のインプレです!これから買おっかなって検討中の人の役に立てば嬉しいです。




エクステリア

BMW新型4シリーズクーペ(G22)インプレ
カラーはIndivisualカラーのドラバイトグレーです!3ツーリング買おうか迷っていた時からボディカラーはこれって決めていました。実際見ると写真で見るよりもかなり渋くてカッコイイ色です!周りの評判も上々↑

納車時にディーラー担当者からも「ボディカラーがおしゃれです!」って言われました。
はじめて会社に乗って行ったときも、車好きから「この色カッコイイ♥」ってみんなベタ褒め。

ただし・・・このIndivisualに設定されているこのオプションカラーは高価でした…
オプションカラーだけで247,000円www

3シリのそれよりドアシルプレート込みで95,000円価格アップしますw

素人にはカラーだけでこの価格はちょっと痛かったですwww

けど実際はあまり見かけることが少ないレアなカラーで、しかもカッコイイ色なので人とは違うものが乗りたい人には、値段だけの損得では判断できない部分だと思います。

実は大型キドニーグリル肯定派

大型キドニーグリル|BMW4シリーズクーペ(G22)インプレ
新型BMW4シリーズクーペ(G22)からいきなり大型化された縦長のキドニーグリル。海外では”出っ歯のビーバー”と比喩されたり日本でも散々な言われようだった新型4シリーズクーペ(G22)のグリルですが自分はずっとカッコイイと思っていましたw

自分の場合はコンセプト4が出た時点からこのグリルがカッコイイと思っていた数少ない部類!?だったので受け入れるのは難しくなかったです。

むしろ嬉しさのほうが勝っていたので迷うことなく速攻購入を決めました。

これは写真や動画で見るより、実車をみたほうが全然カッコイイです☆彡

少しでも気になるならぜひ実車を見てほしいとの思いでインプレしています!

このキドニーをブラックグリルにしたりすると、グリルだけが悪目立ちすることなく、もっと引き締まって見えると思います。(自分は交換しないけど…)。

自分の場合はグリルはMパフォーマンスのそれよりアルピナとかのキラキラしてるのが好きなのでこのままでOKです。このあたりは完全に好みの問題でしょう。

レーザーライト諦めて…

車にとってもライトは正面からの顔つきを左右します。迷いましたがレーザーライトのオプションは追加せずに、LEDのままにしました。
LEDライトロゴ|BMW4シリーズクーペ(G22)インプレ
LEDでも充分過ぎるほど明るく、明るさうんぬんというよりデイタイムランニングライトの点灯時の目つきがレーザーのほうがキリッと凛々しくなってカッコいんですよね…。

ですが…なんとこの4シリーズをレーザーライトにするためのイノベーションパッケージは
319,000円www

ヘッドアップディスプレイも込みの価格ですが…個人のインプレなので正直言うとヘッドアップディスプレイこそなくてもいい贅沢品なのでそれと一緒にライトだけにこの値段はさすがに…。

誰が目元だけにそんなお金掛けるか!ってことで断念www
デイライト点灯LED|BMW4シリーズクーペ(G22)インプレ




センサー類

左右ダクトとカメラ|BMW4シリーズクーペ(G22)インプレ
これは左右ダクトの部分。MスポーツとかM440iにある部分ですがここにもカメラが見えますね。いたるところにセンサーとカメラがあるのがわかります。

こんなミラーの下にもカメラがありました。↓
ドアミラー|BMW4シリーズクーペ(G22)インプレ

サイドビュー

サイドビュー|BMW4シリーズクーペ(G22)インプレ
これがクーペ独特の流麗なバックからのサイドビューです。めちゃくちゃカッコいいです!

そして後ろから眺めたケツの膨らみ!触って撫でて頬をすりすりしたくなりますwww
リアサイドビュー|BMW4シリーズクーペ(G22)インプレ

テール

リアビュー|BMW4シリーズクーペ(G22)インプレ
そしてこの新型BMW4シリーズクーペ(G22)のリアフォルム☆彡お尻フェチの自分wはもちろんのこと、前から見れば賛否があるもののこのリアフォルムは良い!という人が多いですね。

後ろから見たリアテール付近の処理の仕方は最近出た同じセグメントの車の中でも随一でしょう。ほどよく洗練されていてカッコイイです。惚れ惚れします。乗って運転している自分には見えませんけどwww

インプレになっていますかね(苦笑)
なんか自分で書いててまるで”愛車自慢”みたくなてきました。

リアディフューザー|BMW4シリーズクーペ(G22)インプレ
リアのバンパーとディフューザー。このあたりの処理もさすがと言うよりほかに表現の仕方が見つかりません。美しいです。サイドに大きく開いたダクトは完全デザインだけのダミーでしたがカッコいいので何も問題ないです。

バンパーの左右にセンサーがあるのもこの写真からもわかりますね。

驚いたのがこのリアのセンターに堂々と鎮座しているBMWの大きめのロゴマークの内側(下)にカメラセンサーが付いていました。

Indivisual 19インチアルミ

19インチアルミホイール|BMW4シリーズクーペ(G22)インプレ
ホイールは3シリでもあまり見かけることのないIndivisualの19インチ793Iアロイホイールにしました。

BMW Indivisualアルミホイール
こちらのIndivisualホイールに関しては通常の19インチオプションとは異なり受注生産オプションになります。フルオーダーのときにしか注文しにくいアルミです。

真正面から見ると平面のように見えますが、付け根に向けてグイッと内側に傾斜しており、意外と1本のスポークが太くて武骨な印象。

BMWの純正ホイールオプションは新車購入時に追加するなら10万そこらで収まりますが、同じものを購入後に後付けするとなると、40万円以上はするシロモノです。

10万円以下のタイヤセットで売られているやつを後で交換するとか、拘って軽量で空力特性に優れた鍛造ホイール履くとかじゃない限り、外観にこだわるならアルミは追加しておいたほうがいい純正オプションのひとつだと思います。(Indivisualにしなくとも選択肢は同じ値段でけっこうある)

フェンダーアーチのモール

フェンダーアーチモール|BMW4シリーズクーペ(G22)インプレ
日本でデリバリーされるBMWだけに日本のハミだしタイヤ基準に対応するべく取り付けされているフェンダーアーチのお馴染みモール。

F世代のときは、単に薄いプラバンみたいなのが貼ってあるだけの印象でしたがGになって何かエアロパーツぽく肉付きがよくなっていました。

ガラスサンルーフ

ガラスサンルーフ|BMW4シリーズクーペ(G22)インプレ
人生初の電動ガラスサンルーフです!これも純正アルミのインチアップと同じで後でつけときゃ良かったと後悔しやすいオプションですけど、より趣向性が強くてなくても何ら困らないオプションでして自分はいらないと思ってたんですけど、日本に向かう船の中にある在庫の中からドラバイトグレーの420iMスポーツでカラーレザーで探しもらったらこれしか無くてですねw

え~…しぶしぶ・・・。

ま~乗った感じ車高が低く、内装の天井が低いので夏に少しでも開けて日射しと風を入れながら走ると気持ちいいでしょう。

多少寒くとも無駄に上にあげて、開けて走って見せびらかしてますw




サンプロテクションガラス

サンプロテクションガラス|BMW4シリーズクーペ(G22)インプレ
あとはサンプロテクションガラス。これオプションで50,000円程度で追加が可能です。

ガラス本体がスモークになっているものなのでフィルムのように経年劣化しません。

ディーラーの3面スモークフィルム付けてもらっても同じくらいの価格になるのでこれは最初に追加しておいた方が断然お得なオプションだと思います。

カタログに記載はないけど、新車購入時にディーラーで注文できます。

ウエルカムライト


夜、開錠するとこのとおり、ドアノブの部分のライトとウエルカムライトが点灯します。最初、何も聞かされていなかったのでかなりビックリしましたw 両脇に翼が映える感じになります。

なんかここまでしてもらうと所有欲をかなり満たしてくれます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?BMW新型4シリーズクーペ(G22)を実際に購入した素人のインプレでした。

実際走って乗ってみた総評で言うと、納車前に直6ターボとMアダプティブサスペンションのM340iに乗ってしまったのであれほどの加速とエンジンサウンドと路面に追従するような乗り心地は感じませんでしたが、それでもかなり完成度が高く、よくできたいいクルマだと思いました。

走っているときの安定感と言うか、がっちり守られているとも表現できる剛性感がハンパないです。スポーティでもありながらどっしりとした乗り心地が印象強く残ります。

420iは走りといより”エレガントなクーペ”の傾向が強いと感じました。またM440iやM4だと印象が大きく異なるかとも思いますけど、本当に上質なクーペというイメージは肌身で伝わってきます。

2ドアクーペなのでそれほど需要があるとは思えないけど、今後出てくるであろうグランクーペG26などは人気になる予感さえあります。

実は先のM試乗は・・・

実は先にインプレ公開していた、M340iはこの新型4シリーズクーペの納車日が伸びていいたために、ディーラーの気遣いで「同じG世代の新機能を体感して慣れておいてください」ということで2日限定でお借りしていたものなのです。

4シリーズクーペ420iの代車としては、Mはエンジンもサスも違うため良すぎましたけど…w

インテリアについては別記事にまとめています!併せてご覧ください。
内装|BMW4シリーズクーペ(G22)インプレ