BMWデジタルキーがAndroidにも対応!さらに多くのユーザーの利便性広がる

BMWのスカートフォンをキー代わりに使えるBMWデジタルキーがAdroid端末のOSに利用可能になったことを発表されました。

これまではiphoneのiphoneXS/XR機種のApple walletが使用できる端末でしか機能していませんでしたが、Googleの提供するAdroidのOSが入っているスマホでも使用可能になり、Adroidユーザーにも利便性が供給できるかたちです。

このBMWデジタルキーの詳細と使い方(iphone版)と利便性について下記の記事で触れています。




BMWデジタルキーが使用可能なAdroid機種

画像:BMW

Googleが提供するスマホのOSであるAdroidを備えた機種なら何でも使うことができるのかと言うとそうではないようで、一部の最新機種に限られるようです。

これはiphoneのときも同じでひとつ前の機種とかでは使えなかったので、問題ないと思います。自分はスマホを新しく買い替えたら使えるようになったので、これを使うには相応のスマホを用意すれば可能という事です。

対応機種と対象となる国

GoogleのPixel6およびPixel6 pro
日本、アメリカ、カナダ、イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、オーストラリア、台湾、シンガポール
のBMW市場で対応が可能に。

サムスン Galaxy S21、S21+、S21 Ultra
こちらサムスンではGalaxy S21シリーズがアメリカ、イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、韓国で対応されます。

SNSのコメント

悪いけど、半導体不足でそんなもん付けれませんよ。10月頭に契約した車の一番初めに削られたオプションの一つです。その後、後出しに3つ削られてます。納期もどさくさに紛れて延びる。最悪すぎる。

う~んこれはね…。ちょっと前から言われていることで今現在発注しても納品は来年の夏とか。遅すぎますよね…。

こんなに便利な機能なのに。これを使えるオプション外されるとか…う~んさすがに考えものです。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。