bmw f30 (f31)の車検費用 料金と付随してくる修理代の目安

bmw f30 (f31)の車検費用
BMW F30 (F31)の維持でいちばん気になる車検費用。この車検費用や一緒に加算される法定費用は乗られている期間や年数で左右されるため長い間BMWオーナーでいる人であっても同じグレードのものに乗り続けている間はいつまでも気になる車検費用。

すでにBMW F30 (F31)のオーナーさんも、これからなられる方にも知りたかった車検のことを一挙に解決。詳しくご説明いたします。

bmwの車検費用の相場

同じBMWの同グレードであってもディーラーや街の整備工場で車検費用はまちまち。

ただし、そんなに大きな開きは感じません。

BMWのF30 (F31)の場合だと
おおよそ、85,000円~120,000円が相場です。

いくらBMWとはいえ、さすがに車検費用(修理・パーツ抜き)で15万を超えると考えると高いと感じる。そのあたりが上限の目安になろうかと思います。

車検にかかる費用の内訳

料金の内訳の中身の大半が法定整備なので法的にかかる定額料金。いわゆる法定費用で車検費用の約半分がこれに当たると考えていいでしょう。

それにプラスされてそこの独自の基本施工費用と、洗車や室内クリーニング、代車サービスなどの料金が追加された金額になります。

車検屋さんでは、これら料金の中に6ケ月~12ケ月の整備保証が付加されるところもあります。

 

必ず掛かる法定費用

法定費用は乗る車種の初年度登録からの経過年数で重量税のみ変更になります。
また、当然のことながら重量税は車種の重さで4つに区分けされています。

BMW F30 (F31)の場合車両重量は1,490kg~1,595kgなので2t以下の金額が適用されます。

法定費用はどこのディーラーやショップで車検を受けても同じ額がかかります。

BMW F30 (F31)2トン以下の場合の法定費用
法定費用/経過年数 初年度登録~
13年未満
初年度登録~
13年~18年未満
初年度登録~
18年以上
自賠責保険料 25,830円 25,830円 25,830円
重量税 32,800円 45,600円 50,400円
手数料・印紙代 1,800円 1,800円 1,800円
法定費用 合計 60,430円 73,230円 78,030円

13年以上乗る人がどのくらいの割合でいるんですかね~

修理代とか交換パーツ代を除いた車検費用のみの場合おおむね10年乗ったとしても1万円ちょっとの差でしかりません。

車検費用に大きく差がつくのは修理代と交換パーツ代です。長く乗れば乗るほどその部分が増えていくことになる計算です。

bmw 320d 車検費用

bmw 320dであってもよっぽどの例外を除き車検費用は変わりません

エコカー減税も、基準を満たしたディーゼルでない限りエコカー減税対象者でなければ適用されません。
基本的に排気量とか車両重量を考慮して算出される法定費用は変わりません。

ディーラー車検を行うメリット

こちらの一文をご覧いただきたい。

外車は3年は保障手厚いので1回目の車検は無料部品交換と法定車検費用だけですみますしその後の2年追加保障も入れるのでディーラーで通す価値あります。2年保障追加して無料部品交換して5年での車検からは民間で安く済ませています。それ以降はオイル交換などもオートバックスです。
出典:Yahoo知恵袋

このことからも、お分かり頂ける通り新車購入の場合は特に(正規ディーラーの場合PremiumSelectionだと中古でも)、初年度から3年ほどは保証がつくので無料で交換できる部分も多く、主な車検費用にプラスになる修理代等が少なからず浮くためにディーラーで車検を行うメリットは大きいです。

ただし5年目以上になると話が変わってきます。

BMW F30 (F31)も5年目以上はオートバックスでの車検

上記でもあったように5年目を過ぎる頃からは逆にディーラーの保証も薄くメリットが少なくなってしまうため費用自体の金額を抑えることがお得に車検をする大切になってきます。

輸入車でも積極的に修理に応じてくれるオートバックスも基本料金がディーラーより安いので、パーツ類の交換が必要であってもトータルで考えると車検費用が安く収まりやすくなります。

また、自分でヤフオクでリビルド品(まだ使用可能な中古パーツ単品)を探して購入したり、ネット通販で先にパーツを交換しておき、車検時にパーツ持ち込みでできるのがこういったショップでできるのが最大の利点です。

ディーラーでは必ずそこで交換パーツ類も調達。価格も若干高くなります。

今ならこんなキャンペーンもあります。
【楽天】オートバックスで車検実施すると合計2,100ポイント!プレゼントキャンペーン

bmw 5年目、10年目の車検の注意点

5年目をひとつの目途にすると、このあたりから故障とまではいきませんが交換の個所が少しづつ増えてきます。

ディーラーやショップにしても、車検の基本料金に若干差がある程度で法定費用は変わりませんから、この修理代や交換部品類で儲けるていると思われます。

だからこそ大事なのははっきりと
車検費用を「できる限り安く収めたい!」という意思を伝えておくことが重要になってきます。
また面倒がらずに修理する箇所が把握できている場合、自分で社外品などのパーツ類を事前に購入して持ち込んだりすることで安く収めることも可能になってきます。

10年目の車検費用

10年目でも法定費用は78,030円。基本料金を5万円とすると車検費用単体は約13万円。

そこからこの10年を過ぎるあたりから、ゴム類、パッキン類などを中心に確実に劣化しはじめます。


エアコンフィルター交換 4,000
Fベルト交換 5,000
タペットカバーパッキン交換 20,000
エンジンオイル交換 15,000
オイルフィルター交換 4,000
ブレーキパッド交換 80,000
ワイパー交換       2,000

合計 : 130,000円

おおよそ考えられるパーツと交換費用はこのくらい基本の車検費用をプラスすると26万円。

10年目の車検費用は約25万円くらいが目安と考えるといいでしょう。